お宅の壁は大丈夫?

外壁の痛み・劣化による外壁塗装の内容

外壁の痛み・劣化による外壁塗装の内容

外壁の痛み・劣化による外壁塗装の内容 外壁は紫外線や太陽の熱などにより日々劣化が起きており、劣化した外壁に雨が降り注ぐと、雨水が浸み込みやすくなり、建物内部への雨水の浸入により、湿気が溜まりカビの原因にもなりますし、ひび割れた部分から雨水が浸入する事で雨漏りの原因となり、建物の建材が腐食すると言った悪影響を及ぼすことになります。
外壁塗装は外壁の痛みにより劣化したものを回復させると言う目的が在りますが、痛みや劣化と言うのは目で見て解る場合と白亜化と呼ばれている現象が起きているか否かで確認する場合などが在ります。
また、雨が降っている時に外壁が雨水を弾き飛ばしているかどうかと言うチェック方法も在りますが、いつでも確認が取れる方法は外壁を指で触った時に、指に白い粉が付いていると樹脂成分が外壁の表面に現れているもので、白亜化の現象が起きている事が解ります。
白亜化は外壁の劣化を示す合図でもあり、早めに外壁塗装を行う事が必要となるわけです。
また、外壁の状態を見る時には日当たりが一番良い部分で見る事が大切で、南側の外壁をチェックして傷みが起きていないか、劣化が生じていないのかを確認することが大切です。
尚、劣化や傷みが起きている部分は最初にメンテナンスを行ってから塗料を使っての外壁塗装が必要になります。

ひび割れがある外壁の外壁塗装の内容

ひび割れがある外壁の外壁塗装の内容 建物は新築して十年も経過するとあちこちが傷んだり設備機器類の故障が発生したりします。
特に外壁塗装などは常に風雨に曝されたり紫外線に曝されているので、劣化や傷みが進んでいるようです。
外壁塗装にひび割れなどを見つけたら、早急に再度塗装をするようにしましょう。
外壁にひび割れなどが発生すると、雨水などが侵入して下地材や構造材を腐食させるので、そのまま放置すると内部の構造材にまで影響を及ぼす場合があるので注意しましょう。
外壁塗装を行う場合はまず高圧水洗浄を行い、汚れやコケ等を取り除き綺麗にします。
その後で外壁の状態を検査してひび割れや欠落部分などを見つけたら、防水性の高いコーキング剤で補修を行いましょう。
補修部分が大きな場合はコーキング剤が乾くまで塗装をまったり、コーキング剤が止まらない場合は外壁ごと補修をするようにしましょう。
塗装を行う場合も外壁素材と塗装を密着させるシーラー剤などをまんべんなく塗布して、塗装が後で浮いてくるような事の無い様にしましょう。
場合によっては防水効果の高い弾性塗料で塗装すると防水効果も高いでしょう。
ひび割れなどのある場合の外壁塗装は、下地処理をしっかり行い仕様書通りの手順を踏んで施工する事です。

おすすめ外壁塗装関連リンク

マンション・アパートの塗装・防水・外壁改修工事・雨漏り修理に即対応してくれます

東京の外壁塗装