お宅の壁は大丈夫?

塗装がはがれている外壁

腐食しているところがある外壁の外壁塗装の内容

腐食しているところがある外壁の外壁塗装の内容 築年数が経過している住宅は、劣化や腐食した箇所が目立つようになります。
外壁には風雨による汚れやカビ、コケなどが発生するため、汚れが目立つようになったら塗り替える必要があるでしょう。
外壁塗装を行う際は劣化したままの壁にそのまま塗料を塗り付けるというわけにはいきません。
腐食している箇所があれば、あらかじめ補修を行ってから外壁塗装を実施するという流れになります。
腐食した壁を部分的に剥がしてから新たに壁材を設置して塗装を行いますが、手順については設置する壁材や補修する箇所によって異なります。
例えばヒビ割れが発生している箇所があると、特殊な樹脂を使って割れている部分に流し込みます。
時間が経つと頑丈な硬さになるため、雨漏りなどの心配がなくなります。
劣化が激しい部分と言えば木材を使用している部分になりますが、新しい木材に交換すれば簡単な補修で済ませることができます。
上から塗料を塗る際は下塗りが重要になるので、安心して任せられる業者を選びましょう。

チョーキング現象の発生している外壁の外壁塗装の内容

チョーキング減少の発生している外壁の外壁塗装の内容 チョーキングとは、外壁の塗膜が粉のようになっている状態をいいます。
新築時や塗装して間もない頃の外壁は、その表面が塗膜でしっかりと覆われています。
しかし、太陽からの日差しや風雨を浴び続けることで、塗膜は徐々に劣化していきます。
外壁の表面を撫でてみて、チョークのような粉が手先につくようであれば、外壁塗装を検討すべきタイミングです。
この場合、新しく外壁塗装を行う際に大切な工程が2点あります。
まず、チョーキングが起きている外壁は、塗装を行う前に入念な洗浄が必要です。
役目を終えた既存塗膜を落とし、新しい塗膜が下地にしっかり食いつくようにするためです。
一般的に、高圧洗浄を行います。
また、下塗りの工程も欠かせません。
高圧洗浄した外壁は既存塗膜がなくなり、素地が出た状態になります。
仕上げの塗装である上塗り前には、素地と上塗りをつなぐ下塗りが必要です。
下塗りに使用する塗料は、外壁や上塗り材の種類に合うものを選びます。