お宅の壁は大丈夫?

塗装がはがれている外壁

塗装がはがれている外壁の外壁塗装の内容

塗装がはがれている外壁 外壁塗装の塗り替え時期はおよそ10年と言われています。
見た目では分からなくとも、耐久性は外気や雨風などで落ちていき、はがれている状態が少しずつ悪化していきます。
外壁塗装の耐久性が落ちてしまうと雨などの水分や湿気の侵入を防ぐことが出来ず、外壁にひび割れが起こり始めます。
ひび割れとともに腐食や家の傾きの恐れも出てきます。
このような状態を防ぐためにも定期的なスパンで塗装の塗り替えをしていく必要があります。
工事の内容はまず、作業のための足場組みを作り、塗装部分の汚れやコケ、カビなどを高圧洗浄で綺麗にします。
次にドアやサッシ窓などの塗装を行わない部分をビニールで覆い、汚れないようにします。
鉄部にサビ止めを塗り、塗装を綺麗に塗るためのひび割れやはがれの処理、それから軒天、外壁、屋根の塗装をそれぞれ3度塗りしていきます。
高圧洗浄や下塗り、塗料の乾燥不足が原因ではがれる原因になるため、しっかりとした業者を選ぶことが大切です。

汚れが付着している外壁の外壁塗装の内容

汚れが付着している外壁の外壁塗装の内容 汚れが付着している場合の外壁塗装は、外壁の汚れを落としてきれいにすることから始めなければなりません。
外壁の周囲に足場を組み、隣家の迷惑にならないようにシートを張る必要があります。
外壁塗装に先立って行われるのが高圧洗浄です。
高圧の水を外壁に吹き付けて汚れを落とす行程です。
ここで気をつけたいのが隣家への迷惑です。
施工業者は高圧洗浄を行う日時を周囲の住人に連絡するのが一般的ですが、高圧洗浄が水しぶきを伴うものであることは説明しない場合があります。
そのため、高圧洗浄当日に洗濯物を干している隣家との間でトラブルになることがあります。
施工業者に対しては、高圧洗浄に対する十分な説明を行うことを要求する必要があります。
外壁がきれいになったら、塗料の付着を良くするシーラーを塗り、仕上げの塗料を塗ることになります。
外壁塗装では、近隣住民への挨拶やシートの設置などの準備が必要です。
高圧洗浄も塗料を塗るための準備の一つで、十分な準備を行ってから本番の塗装工事が行われます。