お宅の壁は大丈夫?

塗装がはがれている外壁

カビが発生している外壁の外壁塗装の内容

カビが発生している外壁の外壁塗装の内容 外壁塗装を予定している壁にカビが生えている場合はどの様にしたらよいでしょうか。当然外壁全体を高圧の水洗浄を行い汚れやカビを落とします。しかし厄介なのは落ちたように見えても、胞子などの菌が根強く残っている場合があるのです。高圧の水洗浄が終わったら乾燥させて、胞子を殺してしまうの薬品を塗布しておく事です。 外壁塗装をする材料は水性の物は避けて、油性の材料を使用するようにしましょう。水性の場合は胞子などの菌類が再び発生する危険性があるので、シンナー等を使用する油性の塗料ですと菌類の発生する確率は低いのです。 また菌類の好む湿気が残らない様に十分に乾燥させて、下地処理をしっかり行いシーラーも斑が出来ないようにまんべんなく塗布する事です。 出来れば外気や水分を遮断してしまう、防水性の高い塗料で外壁塗装をするとなおさら良いでしょう。外壁塗装が完了したら、再びカビが発生していないかこまめにチェックする事も忘れないようにしましょう。

藻が発生している外壁の外壁塗装の内容

藻が発生している外壁の外壁塗装の内容 建物の外壁は常に風雨に曝されたり紫外線に曝されているので、新築して十年も経過すると痛みや劣化が出てきます。また日当たりが悪かったり常に日陰になる部分には藻などが生えてくる場合があります。 外壁塗装に藻が生えた場合はどの様に対処すればよいでしょうか。まず新たに外壁塗装にかかる前に、外壁全体を高圧の水で洗浄を行います。水圧を上げてやると大概のものは取り除いてしまいます。高圧水洗浄の後で点検して、また残っているようならケレン棒などで削り落としてやりましょう。 塗装の工程は使用する材料の仕様書に則ってしっかり施工するとよいでしょう。しかしこの塗装材料の選定には注意しなくてはなりません。仕上がりの表面が凸凹したりざらついたりする材料は避けて、仕上がり表面がすべすべして平滑になる様な材料を選ぶ事です。外壁塗装を塗り替えても環境条件は同じですので、また藻の胞子が飛んできて外壁に付着する事が考えられます。そこで胞子が飛んできても付着しないし、万が一付着しても雨水などで流れるような塗装材料を選ぶ事です。