お宅の壁は大丈夫?

外壁塗装を行なう理由

外壁塗装を行なう理由は見た目以外にもあります

外壁塗装を行なう理由 外壁塗装を行うことで、今までの印象とは異なる建物のように見える、その効果は絶大です。しかし、ただ見た目を変えるために塗装をしているわけではありません。
もちろん見た目を変えることも大きな理由の一つですが、もっと大きい理由は建物の保護にあります。建物は、風雨や日射を受けるだけではなく、目に見えない紫外線にさらされています。
また、台風や地震などの災害にもさらされています。このような厳しい気候環境から建物を守るのに外壁塗装を行うことが大切です。外壁塗装を行うことにより、建物の塗膜の効果を持続することができます。塗膜が建物をコーティングしていると、建物が劣化することを防いでくれます。
また、建物内の温度を一定に保ってくれることにも役立ち、快適な生活環境を与えてくれます。塗装を後回しにしておくと、段々表面に傷がつきます。この表面の傷を放置すると、後々修繕費がかさんでしまうことも考えられます。建物の劣化を防ぐためにも、早めの点検と塗り替えが必要です。

外壁塗装をせず放置しておくとどうなる?

外壁塗装をせず放置しておくとどうなる? 新築してからだいたい10年程で外壁塗装するのがベストです。家は、砂ぼこり、紫外線や酸性雨で年数がたてば傷んでくるのは当然なのです。しかし、面倒とか、値段の問題等の事情で、放置しておくと、家が荒れてきます。見た目もみすぼらしくしみったれた家になります。
外壁にひびが入ることろまですすむと、耐久性がなくなり外壁がそってきます。段々雨水が内部まで浸みてしまい、断熱材や柱などもカビたり、腐ってきます。そうなると外壁が崩れ落ちることもあります。
内部の木材部まで腐ってくるところまで進んでしまうと、家が傾いてくることも起こってきます。隙間ができるてくるので、断熱効果がなくってくるので、エアコンが効かず夏は暑く、冬は寒い家になってしまいます。
外壁の本来の強度がなくなり雨漏りが家の中まで落ちてくるようになります。手のつけようがなくなってからでは外壁塗装の費用がかさんでしまいます。
外壁塗装は気付くような状況になる前に塗装をすることが家を長くきれいに保つことになります。10年が耐久年数といわれています。10年ごとに外壁塗装で家のお手入れをして大切な家を守りましょう。